タロット占い研究所

タロット占い研究所

意思決定のスプレッドのやり方

2019年03月06日

最終更新日2019年06月26日

 data-srcset



意思決定をする時に便利なこのスプレッドは、カードを置いたあと展開するのではなく、1枚ずつ展開しながらカードを並べていきます。
是非小アルカナも使って占ってみましょう。

このスプレッドは、日常の問題を解決する時にとても便利な方法です。
あまり派手さはありませんが、ちょっとした悩みを解決する時に練習として使ってみましょう。
「行くべきか・行かないべきか」「買うか・買わないか」など、悩んでいる事に対しての答えを導き出すのに適しています。

便利で実用的なのですが、質問を繰り返していく方法を取るため、堂々巡りになり閉塞状態に陥ることがあります。
そのような自体を避けるためにも、キーカードと呼ばれる以下の10枚のカードが出た時にはその指示に従って思考パターンを変える必要がありますので覚えておきましょう。

キーカード

以下の10枚のカードが出た時には、一旦各カードの指示に従います。

■ 法王のカード
今はこれ以上の解決方法は見つからない。しばらく時間を置くこと。

■ 隠者のカード
もっと時間が必要。まだ答えを出す時期ではない。

■ 吊るされた男のカード
考え方を根本から変えてみる必要がある。

■ 審判のカード
最終的な結論。この質問に対しての占いはこれで終わりにするべき。

■ ワンドの9のカード
あなたにできることは今のところ何もない。

■ カップの3のカード
これ以上の結論は出ないのであまり深く考えないこと。

■ カップの8のカード
たいした問題では無いのであまり深く考えないこと。

■ カップのキングのカード
自分の本音を整理してみる必要がある。本音にしたがって。

■ ソードの5のカード
他人のK持ちが全くわかっていない。自己中心的すぎるという警告。

■ ソードの7のカード
自分をごまかしていないか心に問いかけて。

意思決定のスプレッドのやり方

カードを番号順に並べて、十分にシャッフルしてから占いを始めましょう。
じっくり質問できるように、時間に余裕のある時に落ち着いた気持ちで展開していきましょう。

1

このスプレッドで展開していくカードの位置はこのようになります。
1で質問した答えを、2でその理由、3でアドバイスが出ます。
決定した答えに対しての返答を次の4で確認する、という流れになります。

次から実際にカードを展開しながら進めてみます。

 data-srcset

2

質問「仲間たちといく予定の旅行に参加するべきか悩んでいます」

この問いかけに1枚目の答えは吊るされた男でした。
吊るされた男はキーカードで「考え方を根本から変えてみる」必要があるという指示で、参加してみてはどうかということを意味しています。

次はその理由を尋ねます。

 data-srcset

3

カードの山から一枚めくって先ほどのカードの下に展開します。
理由の位置にソードの5がでました。
このカードもキーカードで「他人の気持ちが全くわかっていない。自己中心的すぎるという警告。」となっています。

あなたが行かないことで誰かが傷つく可能性を示唆しています。傷つくのは誰でしょう?
誘ってくれた友人か、それとも一緒に行く仲間の中の男の子の中にあなたに気がある人がいてその人が失望するのでしょうか?

どうすれば良いかアドバイスを求めてみましょう。

 data-srcset

4

3の位置にはカップの9が出ました。
アドバイスでは「何か良いことがある」と告げています。

旅行には参加することに決めました。
決定を再確認します。

旅行に行く事にしたのですがそれで良いでしょうか?

 data-srcset

5

結果は恋人のカードの逆位置です。
なんだか少し暗雲が立ち込めてきました。
大手を振って参加、とは行かないようです。
待ち合わせで失敗するなど何か小さなトラブルが隠れていそうな予感がします。

その理由を尋ねてみます。

 data-srcset

6

理由には太陽の正位置がきました。

参加するには積極的に、明るい振る舞いをする必要があると告げています。

そこであなたは、「カードが参加を促したから参加するのではなく、自分の意思で参加するのだ」と決意します。
その決意を持ってアドバイスカードは飛ばして結果をみる事にします。

 data-srcset

7

次の答えはワンドの6の正位置です。

キーワードは「勝利」です。
自分の意思で参加することで旅行は楽しいものになりそうです。

 data-srcset

Ingredients

Directions

1

このスプレッドで展開していくカードの位置はこのようになります。
1で質問した答えを、2でその理由、3でアドバイスが出ます。
決定した答えに対しての返答を次の4で確認する、という流れになります。

次から実際にカードを展開しながら進めてみます。

 data-srcset

2

質問「仲間たちといく予定の旅行に参加するべきか悩んでいます」

この問いかけに1枚目の答えは吊るされた男でした。
吊るされた男はキーカードで「考え方を根本から変えてみる」必要があるという指示で、参加してみてはどうかということを意味しています。

次はその理由を尋ねます。

 data-srcset

3

カードの山から一枚めくって先ほどのカードの下に展開します。
理由の位置にソードの5がでました。
このカードもキーカードで「他人の気持ちが全くわかっていない。自己中心的すぎるという警告。」となっています。

あなたが行かないことで誰かが傷つく可能性を示唆しています。傷つくのは誰でしょう?
誘ってくれた友人か、それとも一緒に行く仲間の中の男の子の中にあなたに気がある人がいてその人が失望するのでしょうか?

どうすれば良いかアドバイスを求めてみましょう。

 data-srcset

4

3の位置にはカップの9が出ました。
アドバイスでは「何か良いことがある」と告げています。

旅行には参加することに決めました。
決定を再確認します。

旅行に行く事にしたのですがそれで良いでしょうか?

 data-srcset

5

結果は恋人のカードの逆位置です。
なんだか少し暗雲が立ち込めてきました。
大手を振って参加、とは行かないようです。
待ち合わせで失敗するなど何か小さなトラブルが隠れていそうな予感がします。

その理由を尋ねてみます。

 data-srcset

6

理由には太陽の正位置がきました。

参加するには積極的に、明るい振る舞いをする必要があると告げています。

そこであなたは、「カードが参加を促したから参加するのではなく、自分の意思で参加するのだ」と決意します。
その決意を持ってアドバイスカードは飛ばして結果をみる事にします。

 data-srcset

7

次の答えはワンドの6の正位置です。

キーワードは「勝利」です。
自分の意思で参加することで旅行は楽しいものになりそうです。

 data-srcset

意思決定のスプレッド

意思決定のスプレッドで占うときのポイント

ポイントは、どちらにしようか迷っている時に、誰かに相談するイメージで占うと自然です。
ツーオラクルの時のように白黒つけるというよりも、どうしたらいいかアドバイスを求めつつ自分の意思を確認していく、という感じでしょうか。

納得する答えが出るまで、質問した内容に対するカードの意見を聞き、理由とアドバイスを求めるというのを繰り返していきます。

リーディングのコツ

このスプレッドのリーディングのコツは、質問の答えに対しての回答から次の質問をする際に、振り出しに戻らないように気をつける必要があります。

例えば見本の展開を見ると、4番目のカードで恋人の逆位置が出ています。

ここで「旅行に行く」という決断に対して、選択ミスとリーディングしてしまうと、振り出しに戻ってしまいます。
旅行に行くことは決定しているが、その決定した中で何か選択ミスをする可能性がある、と読む必要が出てきます。

堂々巡りになりがちなので、決定した事に追加する形で次のカードを読んでいくようにすると答えを導き出せるようになると思います。

とても実用性の高いスプレッドではありますが、リーディングしながら展開していくので少し難易度は上がります。
練習としてはとても良いスプレッドだと思いますので、生活の中で悩みが出た時には是非試してみてください。

おすすめのページ




(Visited 253 times, 2 visits today)
               



おすすめの記事