タロット占い研究所

タロット占い研究所

ソードの2のカードの意味

イメージ

公平|均衡|バランスを保つ|板挟み|利害関係|その場しのぎ|早とちり

解説

このアルカナのテーマは、平和です。正位置も逆位置も人物に焦点が当たっています。
正位置は目隠しされた状態に、逆位置は目隠しがとれた状態に対応します。正位置では、均衡状態の達成を意味し、逆位置は均衡が破れた後の状況の進展を意味します。

 

少女は剣を持っています。少女が剣を持つのは、風のアルカナではこのアルカナがはじめてです。正義が全うされ、公正と平等とが回復されたのです。
空が晴れ渡っていることと、月が美しく輝いていることが、このことを象徴しています。三日月のかかる穏やかな海岸は、よろこびへの予感を象徴しています。

 

2つの刀は均衡を保っています。バランスを保ちつつも板挟みになっている状況を表しているようにも見えます。

(Visited 43 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • かろうじて均衡を保っている状態
  • その場しのぎの対応で思うように進むことができない
  • 強い精神力を必要とする局面にいる

公正な判断をすることで、一時の休息と進むべき道が与えられる

直面する課題に対して真剣に向き合い、強い精神力をもって取り組む必要があることを告げるカードです。公正な判断力や冷静な理解力も試されることになりそうです。その場しのぎのつじつま合わせでは、とてもこの場を乗り切ることはできない、という警告でもあります。確かに周囲との信頼や協調関係も大切になりますが、それは心情的なことより、互いのメリットを考えてのことです。割り切った関係を築けるようなら、昧方も少なくないでしょう。

均衡、行き詰まり、相殺。親しき、やさしさ、調和、友情、共同、ナイープな愛。
政治的、哲学的、思想的闘争。戦いのない勝利、しばしの均衡状態。一致点を見いだす。
恐れ、疑い、混乱があるにも拘わらず期待を持って前進すること。決心すること。 支援をしてくれ、よく応えてくれる友だちと団結すること。
ものごとが一種の均衡状態に達し、一時的な平和が生まれる。
個人的な人間関係、仕事上の仲間など、人間関係のねじれに関して複雑な感情を抱く。
安らかな心を取り戻し、前進できるようにするためには、それらを正さなければならない。

逆位置の
キーワード

  • 多少の障害はあるが成功できる兆しがある
  • 困っている人を助けるなど人の力になることで道が開ける
  • 第三者の力で欲しいものを手に入れることができる

見切り発車からの誤算がある

よく考えもせず行動することによって、自らを傷付けてしまう危険性を表します。闇雲に動いたとしても、よい結果を得られそうにありません。周囲の状況を注意深く観察し、結果を見る必要があることなら、それを待ってから判断し、行動しましょう。場合によっては臨機応変で柔軟な対応が必要になるかもしれません。強い意志の力で衝動を抑え、先を見越した計画と行動力をもって対処することが賢明です。場当たり的な行動は、くれぐれも謹んだほうが無難です。

うそ、偽りの恋、不誠実、二重人格、浮気、裏切り、孤独な生活などの終わり。
事態が動き出す、停滞から脱出する。 だれかが現われ、欲しいものを手に入れることを助けてくれる。そして、仕事や恋愛を成功に導いてくれる。
新しいアイデアを実行に移す乙とに成功する。 いくつかの面で成功を達成することができる。

メモ

時間的変化

 

●正位置
事態は均衡状態に入る。
二つの力が均衡し、動きが止まる。 見えない障害にぶつかり、計画に一時的な遅れが生じる。さらに前進するためには、
計画に若干の変更が必要になる。

 

●逆位置
均衡状態が破れ、事態が一気に動き出す。 トラブルと抗争は終わりを告げる。
悩みのほとんどは根拠のないものだったことが判明する。 この期聞に皮肉な運命のねじれを経験する。前には欲しくなかったものが欲しくな
る。