タロット占い研究所

タロット占い研究所

ワンドの2のカードの意味

イメージ

支配|目的達成|豊富な財力と華麗な生活|幸運|壮大さ|キャリア|職場環境|自分の立場|自分自身

解説

このアルカナのテーマは、支配と壮大さです。
正位置も逆位置も、地球を手にした人物に焦点が当たっています。正位置では、なにかの確立とそこからのさらなる発展の可能性をあらわします。
すでに地球を手にしているので、逆位置でも正位置同様なにかを確立しますが、その過程あるいはその結果には意外性やマイナス面がともないます。

(Visited 72 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • 仕事はよい評価をうける
  • やったことの完全さと質の高さで称賛される
  • 良い方法を思いつくがまだ思いついただけの段階

力はあるがそれだけの義務や責任も課せられる

富や財産、権力など、野心家なら誰もが手に入れたいと思うものや事柄を表します。また、土地や家屋、建物などの不動産の獲得という意味合いもあります。ワンドの2はものや事柄が成り立つ様子や、その願望に関わることも多いでしょう。ただし、漠然とした願望や目標ではその達成まで力が及ばないことも少なくありません。しっかりとした目標があり、意思カ、はっきり決まったところで、それにふさわしい道が自然とでき上がってくることを忘れないようにしましょう。

昇進の機会を手にいれ収入が増える。 よく考え抜かれた行動計画が完成する。新しい事業計画と友情が形を取りつつある。

逆位置の
キーワード

  • 急な展開で人生の大きなイベントを決める
  • 自分自身でも気がつかなかった才能に気がつく
  • 大きな買い物をして不安になる

自分自身をよく見つめ直す時期

手の届かないものや事に恋こが、れる気持ちを表し、そのためにどうしていいかわからず苦悩したり、自分だけ取り残されたような焦燥感を暗示します。また、自立できない、目標に近づけないなど、すっかり自信をなくしてしまう気配とともに他者からの束縛により、邪魔が入る可能性もあるようです。ワンドの2の逆位置が現れたら、客観的な自己評価をすると同時に、身の丈に合った考え方と適切な手段を講じる必要があります。意志の強さが関われる予感です。

意外な進展、突然のできごと、驚き、これまで遠い理想と思っていたものが突然手に入り拍子抜けする、あっけない結末、トラブル、困苦、不幸、他人にしばられる。
意中の人と突然結婚する、恋人とはちがう人と突然結婚する、自分の能力に気づく。
支払の遅れや収入の喪失、借りるあてが外れ失望する。

メモ

時間的変化

 

●正位置
この期間のどこかで、ある人物が現れ、生活のリズムに変化をもたらす。ビジネス あるいはロマンスが生まれる。熱心な求婚者が現われたり、仕事上の提案があったり、あなたに目をかけてくれる人が現れたりする。

 

●逆位置
この期間の最後に、待ちに待った変化、あるいは遅れていた昇進が起こる。