タロット占い研究所

タロット占い研究所

ソードの王子のカードの意味

イメージ

理解|機敏|たくみさ|用心深さ|警戒心|疑念|強い感受性|後悔しない裏切り|頭脳プレー

解説

このアルカナは、アイデアや考えに基づいて行動する必要がある人物を象徴します。
このアルカナで象徴される人物は、自分のアイデアが有効かどうかを考えていてもこれ以上先に進めない状態にいます。行動によって情報を集める必要があるのです。

 

・用心深く抜け目のない人物
・スパイ、捜査員、探偵、秘密のサービスをする人物
・駆引きのうまい人物
・行動的な少年

 

正位置はよい意味をあらわします。充分な情報収集に基づく慎重な決定と、それに基づく大胆な行動を意味します。
逆位置は、情報の不足、誤った決定、行動の臆病さ、それらによる失敗などを意味します。

(Visited 44 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • 分析力の高さが勝利の鍵に
  • 駆け引き上手で用心深い人物
  • 頭脳プレーで有利に立つ

頭がよく駆け引き上手。味方にすれば心強く敵に回すと手強い存在

知的で目標に向かつて懸命に努力する姿を表します。駆け引きもうまく、効率的にステップアップしていくことに余念がないようです。とはいえ、まだまだ経験不足であることも否めず、無駄や遠回りも少なくなさそうて。力を認め、自由に振る舞うことを許してくれる年長者には人一倍忠誠を尽くし、場合によってはスパイ行為のような裏切りも辞さないほどですが、それだけに本人の資質はもちろん、出会う人物によって、その先を大きく左右されるかもしれません。

思いがけない発展、恋愛にお砂る事件、個人的関係にお砂る事件。
動き、合図、メッセージ、コントロールされた態度。実行可能で現実的なよいアイデアやコンセプト。
慎重で、用意周到な行動が成功を生む。意識的な努力をし、段階的な展開をすることで、当てにならない不安定なことは新しい本当の可能性に変わる。
キャリア、収入、経済、愛情生活において、新しい方向や方法が見つかる。
あなたは捜し求めていたものを見つけ、成功といえる結果を達成する。

逆位置の
キーワード

  • 強いものに対しては弱気になる
  • あわてて決断してミスを犯す
  • 暖昧な態度をとって秘密の多い人と誤解される

頭がよく駆け引き上手。味方にすれば心強く敵に回すと手強い存在

自分にそのつもりはなくても、出しゃばりや無駄な行動が目立って、無責任、無計函といった印象を持たれることが少なくなさそうです。
しっかり計算して動いているはずなのに、それが、裏目に出てしまいやすいのです。基本を踏まえて下準備すべきところを感覚だけに頼っているきらいもあります。そのため、いつの聞にか孤立したり、自分にとって不利益をもたらすような行動に走ってしまう傾向もあるでしょう。何が本当の得かを考える必要があります。

詐欺、陰謀、待ち伏せ、病気、準備ができていない状態、準備不足、うろたえる。
弱さ、無能、無策、軽薄でとるに足らない人物、つまらない人物、ふまじめ、抜け目のなさ。
準備不足のときに、なにかの決断をしなければならなくなる。

メモ

時間的変化

 

●正位置
敏感になり、観察力が鋭くなる。注意深くいろいろな情報を集めたりする。 10パ ーセントの確信は得られないが、事実と客観的で合理的な判断にもとづいて、大胆な 行動を起こす。その結果、状況判断の正しさが証明され、よい結果を得る。

 

●逆位置
判断材料が乏しく、あらゆる面で準備不足であることを感じるようになる。 準備が整うまで、何事も起こらなければよいがと思う。