タロット占い研究所

タロット占い研究所

世界のカードの意味

イメージ

完成| 達成|実現| 一致| 到達| 完壁| 最高潮| 充足|確実な成功|大団円|移動や旅行

解説

このアルカナのテーマは、完成と統合です。このアルカナは、正位置の方がよい意味になります。
正位置は、強い力で最後の変化を達成し、ものごとを成就させることを意味し、逆位置は、これまで築き上げてきたものが壁にぶつかり、このままでは分 解するような状況を意味します。正位置は、タロットのすべてのカードのなかで最強かつ最良のカードです。

万物が調和した完全無欠の「世界」

タロットにおける世界とは、現実にある世界というより、万物が調和し完監に梢成された完全なる世界を表します。

一つも欠けたところのない完成された世界は、宇宙から歓喜をもって受け入れられ、決着を見ます。カードの示す意味合いは何の障害もなく最良の状態で成しとげられる成功であり、それは自己を買くことによってもたらされます。ただ、一度完成したものは次に無へと還り、またはじめから創り上げなければなりません。

 

そうして「世界」は繰り返され、循環していくのです。一つの到達点が、次なる高みに向かつて移動していくように。ウエイト版では、天空に舞う人物を取り囲むようにリースが描かれています。

リースの赤い結びめは無限を意味する記号インフィニティになっていて、この切れ目のない輪は完全性や完墜さの象徴です。「運命の輪」と同様に、四隅にライオン・牛・鷲・天使が配され、四大元素で、ある火地風水を表しています。

(Visited 132 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • 今までの努力が実を結び、一つの区切りを迎える
  • ー周囲の評価が高まり、高水準に達したことへの祝福を得る
  • 仕事や恋人間関係など、自分の重要事項のハッピーエンド

満足を得られるところまで到達するきざし

状況はとても順調に展開しています。今まで頑張った甲斐があるというものです。満足の得られるところまで来ることができました。周囲からの評判も上々です。もちろん、さらなるステップアップを目指すことも可能です。目標を設定することも、それが、達成されたかを判断することも自分自身なのですから。ハッピーエンドの結末は、決して不可能ではありません

完成、完全、統合、秩序の回復、目的の達成、願望成就、成功、最後の変化、世間的なこと、世間を驚かすような事件や出会い、協調、好ましい環境、強い影響力、保 証、能力、実行。

あなたは自分が障害、困難、失望を乗り超えたことを感じ、たいへんよい気分になる。
他人、組織、グループ、社会を相手にして、あなたは成功をかち取ることができる。

あなたは、自分の仕事をずっとやりやすくする新しい方法を見つりる。
達成した成果を称賛される。 いろいろなことが互いにつながり、視野が大きく聞けてくる。
最終的に、あなたはすべての制限と障壁を乗り超え、頂上に立つことができる。

逆位置の
キーワード

  • スランプに陥って苛立ちを隠せない
  • 変化を恐れ現状から抜け出せず、結果を得られない
  • 身近な人との価値観や人生観の相違によるすれ違い

スランプに苛立つより、抜け出るのを待つ

物事には波カずあり、誰にだってスランプは訪れるものです。そこで苛立ち、神経を消耗するのは得策ではありません。静かにスランプを抜け出るタイミングを待ちたいものです。変化を恐れるより、思い切って自分から変化を起こしてみるのも一案です。自分の価値観を押し付けるのも、無理に人の価値観を受け入れるのも容易ではありません。成りゆきを見守りましょう

未完成、低迷、失敗、破産、現状維持がやっと、疲労、スランプ、企画の中断、苦労、挫折、婚約破棄。 制限と不足、他人の問題、他人の否定的な態度、他人との対立などから逃れたい。
自分の人生や生活が、断片の寄せ集めであり、このままではばらばらになってしまいそうな気がする。
しかし、それらを統合する基準が見つからない。ポリシー、原則、価値基準の模索。
自分の考えていることを表に出すのを妨げているものから逃れて、自由になるだけの力が自分にないことに失望する。

メモ

時間的変化

 

●正位置
いまが勝負時という節目を迎えるとき。頂上まであと一歩というところでの最後の 一歩。その一歩を踏みだし、頂上にたどりついたときに、このサイクルは終わる。

 

●逆位置
時が経つにしたがって、あなたは自分のおかれている状況がますます絶望的なもの になってゆくように感じる。