タロット占い研究所

タロット占い研究所

ペンタクルの2のカードの意味

イメージ

器用|優れた適正|レクリエーション|回復|循環|飾り気のない生き方|無欲|変化|楽しみ

解説

正位置と逆位置でほとんど意味は変わりません。
正位置では、手前の人物に焦点が当てられ、逆位置では、背景の帆船に焦点が当てられます。
正位置では、生活の浮き沈みや剃那的な生き方が暗示され、逆位置では、このような状態の終わりに近づき、よい方向へ向かつて収束していくことが強調されます。

(Visited 150 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • どちらにするか悩んでいることに結論が出る
  • お金に関することは慎重に決めるべき時期
  • 先は見えてきたが判断をするにはまだ少し早い

絶妙なバランス感覚で臨機応変に物事をこなしていく

それは本当にあなたが正しいと思う考え方や行動ですか?
しっかり納得できていないとしたら、良心日程って考え直す必要があるでしょう。不釣り合いな関係は、結局破綻を迎えそう。この先の付き合い方やり方には慎重になるべきです。判断ミスをしないように、じっくりと考えなければなりません。今の状況にあせりを感じても急いで動くより時期を見極めることが大事です。

生活状態や人生の浮き沈み。上昇から下降へ、下降から上昇へ。 報われないように思える努力、自分ではどうにもならない流動的な状況のせいで、仕事のやる気をなくし、漂泊する。

逆位置の
キーワード

  • 裏切りが明らかになる
  • 二転三転する状況に決断できない
  • 対人関係が悪化する

判断不能だった時期も終わりが近い

要領よくやってきたつもりが、足元をすくわれて痛い目に遭うことを表しています。適当さが災いしてボ口が出てしまったり、裏切りに遭ったり、対人関係の悪化も予想され、自分の行いか、すべてマイナスとなって跳ね返ってくるような感じです。また、状況に振り回されて、判断不能に陥ってしまう可能性も暗示されています。いずれにしても、ごまかしのない誠実な態度が大切なときです。誰かを出し抜くより、誠意ある対応が幸福を招くということを念頭に行動したいものです。

安定してくる。生き方が堅実になってくる。方向が定まる。 バランスが回復され、プレッシャーは軽くなる。希望と微笑みが戻ってくる。 恋愛において、ハッピーな変化がある。

メモ

時間的変化

 

●正位置
事態は流動的でダッチロールを繰り返す。しかし、決定的にどちらかに傾くまでは 行かない。しかも、状況をコントロールすることはできず、身を任せているほかはない。

 

●逆位置
流動的だった事態が変化し、方向が定まってくる。主体的に行動をとり事態をコ ントロールすることができるようになる。