タロット占い研究所

タロット占い研究所

カップの5のカードの意味

イメージ

失望|悲しみ|損失|世襲|相続|傷心|仲間割れ|喪失感

解説

このアルカナのテーマは失望です。
逆位置の方がよいカードです。

 

このアルカナの構図は、人物をはさんで左右にわかれています。遠景に廃櫨があり、足元にカップがころがっている左が正位置で、遠景に橋があり、足元にカップがたっている右が逆位置に当たります。

 

正位置は甘い期待が現実に裏切られる状況を表わし、逆位置は甘い期待をしないことからもたらされる喜びや成功を表わしています。

失ったものの大切さに気づき、大きな喪失感を覚えます。空には暗い雨雲がたれこめ、雨まじりの風が吹いています。
橋は希望への道を象徴します。しかし、橋の向うには廃櫨があるだけです。これは希望が失われたことを表わしています。
足元のカップのうち、 3つが倒れ、中身が流出している様子はこの意味をさらに強めています。

(Visited 165 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • 慎重に対応しなければいけない問題
  • まだ希望はあるがそれに気が付けない状況
  • 期待外れの出来事に立ち直れない

失望や落胆で周りが見えなくなっている事に気が付ければ進む道が見える

期待はずれの結果に見舞われ、ガックリと落胆する様子を表します。失望と悲しみから、なかなか立ち直れない場合もあるでしょう。けれど、そんな状況は誰もが経験することです。自分だけが特別ひどい目にあっている、というわけではありません。確かに
何かを失う可能性を示してはいるものの、すべてがなくなるわけではなさそうです。手元に残されたものから、冷静に善後策を考えたいとき。世襲や相続についても、同様に慎重な対応が必要です。

一部損失、期待を裏切る少なさ、少ない遺産。
遅れ、反動、再検討。精神的、肉体的、感情的疲労。なにか面白いことが起きないかと待ち望む。しかし、障害によって圧迫され、これ以上なにかを要求しようという気分ではない。
期待はずれ、予想していたより少ない成果にがっかりする。サービスの代価を要求するかわりに、交換条件を示される。

逆位置の
キーワード

  • 失うことを恐れずに進む事で良い結果になる
  • 時間をかけて解決できる力がある
  • 気持ちを切り替える気楽さが必要

悲しみの中にも希望がある

しがらみから抜け出せなかったり、悲しい知らせが舞い込むきざしがあります。けれどもそこを乗り越えたところに、新たな出発や復帰の道カf見えてくることを示しています。親しかった相手との再会や交流の復活など、前進への手がかりも見付かりそう。現状はどうあれ、気分を切り替えて、再スター卜する気持ちを大切にしたいところです。ただし、急いだりあせったりしてはいけません。じっくりと時聞がかかってもよいのだ、という姿勢がポイン卜になります。

血縁、先祖、家柄のよさ。希望がでてくる、復活の可能性、新しい協力関係、失望より得るものが多い(倒れているカップの数の方が多いため)。 まもなくあなたの願いは実現する。
誰かが戻って来るとしたら、それはあなたの呼び戻しが成功したのではなく、向こうが自分の考えで戻ってきたのだということを知る。
この成功・結果は、ものごとがなるべくしてなった結果であることを知る。
なにか幸運なことがあって、傷ついた夢が復活したり、別なものに置き換えることになる。

メモ

時間的変化

 

●正位置
精神的にも実際にも、しばらくひとりでいたいという気持ちになるとき。これ以上 少しでも努力をすることやプッシュすることは、考えることすら耐えられない。

 

●逆位置
この時期の終わりには、今の状況に対するこだわりが吹っ切れる。自分のコントロ ールする力や自分の良さに対しもっと自信が持てるようになり、主体的に行動するよ うになる。