タロット占い研究所

タロット占い研究所

ワンドの5のカードの意味

イメージ

信用|信頼|確信|発展の促進|大きな利益|絶好のチャンス|富の獲得|情熱と誇り|努力|よい意味での競争|スポーツ

解説

このアルカナのテーマは、対立です。
このアルカナは、いくつかの可能性が潜在的状態から現実のこととなるように激しく競いあっている状況を表わしています。このアルカナは、近景のみで、遠景がありません。
五人の人物の様子をどう解釈するかが焦点になります。正位置では競い合うことのよい効果を、逆位置はその悪い効果を強調しています。

(Visited 73 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • 欲しいものがすべて手にはいるわけではないが必要なものは手にはいる
  • 事態の好転
  • ものごとをずっと肯定的に考えるようになる

自らの手で戦うことで力を得られる

自己主張が強すぎたり、おのおのが自分勝手な主張を繰り広げることで起こる闘争や対立を表します。後先を考えず力任せに向かっていくことで、危険にさらされる可能性もあるかもしれません。チームワークが乱れ、万全な態勢で事に当たることができなくなる場合もあるでしょう。いずれにしろ、個人の損得よりも、ます先に考えるべきことがありそまぬがうです。
闘争は免れないにしても、有意義な結果が得られる道を選びたいものです。

仕事、恋愛、表明されていない願望から起こる葛藤。変革、改革、変化、個人的影響力、自分の意図をどれだけ通すことができるかという駆引き、計算。
あなたは挑戦に応じる勇気を獲得する。そして、トップに立つ。新たなスタートと新しい友人を得る。
仕事、収入、交渉においてツキがある。 障害が立ちはだかるが、思いもかげないときにそれが消滅し、事態は有利な方向に展開し始める。
好きな二人の口げんか。恋の駆り引き。相手をじらしたり、じらされたりして、ますます情熱が高まる。

逆位置の
キーワード

  • 欲しいものがすべて手にはいるわけではないが必要なものは手にはいる
  • 事態の好転
  • ものごとをずっと肯定的に考えるようになる

この争いごとでは何も生まれない

逆位置になっても、争いや競争の意味合いを持つのが、ワンドの5です。しかも、それが無益な戦いだったり、納得のいかない結果を生むものだったりするので、注意が必要です。基本的に、戦いからは何も生まれない、得るものはない、というのが、このカードの告げるところですから、何とか戦いを回避したり、妥協案を模索する道を考えることが大切です。また、闘争エネルギーの低下も示し、状況によっては戦いの収束も意味するでしょう。

不和、対立、職場での争い、策謀、訴訟、金銭をめぐるトラブル、絶え間ない論争。
自分が妥協や譲歩を強いられていったのではないかと思い、心の中にもやもやした割り切れない気持ちが生じる。自分の意見や気持ちが固まっていないために、決然とした態度で交渉に臨めない。態度が一貫性に欠け、事態を悪くする。

メモ

時間的変化

 

●正位置
複数の人の利害や思惑がからみあい、状況は熱を帯ぴてくる。しかし、終盤には、 混乱や動揺が次第に終息し、他人のあやふやな態度がはっきりしてくる。どうやら、 強気で勝負に出るときがきたもょう。

 

●逆位置
未解決な私的な問題や、仕事上の問題が重苦しくのしかかつて来る。あなたは、競 争に勝つ自信がない。客観的情勢もよくなく、事態はさらに紛糾の度合いを強めそう。自分が行動する意味がなさそう。