タロット占い研究所

タロット占い研究所

運命の輪のカードの意味

イメージ

回転|大きな変化|周期|チャンス到来|増加|成功と富|再生|成果と原因|新しい展開|避けられない事態|運命|方向転換|

解説

このアルカナのテーマは、思いがけない事態の変化です。正位置はこの変化がよい結果をもたらすことを暗示し、逆位置はこの変化が裏目に出ることを暗示しています。

 

変化の兆しを告げるカードです。
わきあがる雲の 中央に大きな輸が浮かんでいます。輸の上にはスフィンクスが剣を持って乗っています。輸の両わきには、蛇と獣頭の人聞が描かれています。

 

輸に背中をつけている獣の顔をした人間と蛇は、どちらも心霊的な力をあらわしています。
雲のなかに物質を構成する四元素を象徴するライオン(火の元素)、牛(地の元素)、ワシ(水の元素)、天使(風の元素)が見えます。

 

絶えず回転し続ける運命の輪は、とどまることのない生命活動・時の流れ・普遍性と進化などを象徴しています。
回り続ける限り私たちは同じところにとどまることはできません。人生は季節がめぐるように常に変化しながら浮き沈みを繰り返します。

 

永遠の幸せもなければ永遠の不幸もないのです。

 

今が幸せでもそれが続くとは限りませんし、逆に不幸だとしても、いつ挽回のチャンスや幸運が訪れるかわかりません。そうした変化に身を委ね、自分にふさわしい幸せや本当に大切なものを追い求めているのです。

(Visited 140 times, 1 visits today)

正位置の
キーワード

  • 予想外の嬉しい幸運の訪れ
  • 計画性や規則正しい行動が好結果をもたらす
  • うまくタイミングを見はからって行動ができる

思っていない方向に進んでも良い結果が訪れる

機は熟しました。まさに思い切ってチャレンジすべきときで‘す。タイミンクよく、願ってもいないチャンスが訪れるでしょう。いろいろな意昧で、運命の出会いがもたらされそうです。無理をせず、成りゆきに任せることでよい結果が出るきざしです。偶然が重なって、思いのほかうまくいくでしょう。失敗が成功の糸口になったり、実力以上の力を発揮できる予感です。

不可避の事態、変化の接近、運命、幸福、ツキ、幸運なできごと。問題の解決あるいは終結の接近。人生が変わってしまうようなことを引き起こす事件。たとえば、予想外の展開、重要なニュース、情報あるいはその時にふさわしいアイデア。

突然のまったく予期していないような事態の変化。前もって予測できないような状況の変化が起こり、現在の状況を変化させ、緊張を解く。
事態は首尾よく進み、好結果をもたらす。そして、思いがげない新しいチャンスが到来する。
すべては順調にはこび、万が一にも暗転するとは考えられない。

逆位置の
キーワード

  • 思っている以上に変化が早くついていけなくなる
  • 最悪の状況を想定しておくことが賢明
  • 悪条件が重なりすれ違いや失敗が起こりやすい時期

状況は良くないが長くは続かない。ベストを尽くす事が賢明。

どうやら逆風が吹いてくる兆しです。順調に進んでいた事が停滞したり、思わぬ問題が持ち上がりそう。不測の事態が起こる可能性があるので、十分な警戒が必要です。ただし、必要以上にあわてたり、不安になることはありません。そうした状況も一過性のもので、延々と続くわけではないのです。その場その場において最善の行動を心力、けることがポイントです。

悪化、不運な方向への展開、幸運の後の落とし穴、タイミングを逃す、見込みちがい、すれちがい。
この時期には、おもわぬアクシデントが起こり、トラブルに巻き込まれる。
歯車の回転がどこかで狂ったかのように、悪い方へ悪い方へとものごとが進んでゆく。
人生、仕事、恋愛において不満足感がつのり、幻滅する。

メモ

時間的変化

 

●正位置
今は分からないかもしれないが、まもなく問題の多い状況は終わりを告げる。
なにか重大なニュースか情報をきっかけに、急速に事態が動き始める。そして、なにかとてもよいことが起こりそうな予感がする。
仕事と健康面で引き返せない変化をする。それは多分よい方向への変化となる。

 

●逆位置
若干の進展があるが、立場は不安定のまま。
流れをつかんでいないため、今はものごとを始めたり、勝負をかけたりするときで はない。