タロット占い研究所

タロット占い研究所

【チャンスのカード】 類似する意味をもつカードの区別

2019年03月07日

最終更新日2019年03月09日

 data-srcset



カードの意味を分類して学んでいくシリーズ第二弾です。
前回は「成功」という切り口でカードをピックアップしてみました。
同じ成功というキーワードでも、その時期や気持ちのあり方に違いがあることがわかりました。

今回は「チャンス」というキーワードでカードを分類してみようと思います。

チャンスの意味を持つカード

チャンスの時と意味するカードです。
人生の分岐点や、何か行動を起こそうとしている時に出てきやすいカードです。
小アルカナも交えてカードをピックアップします。

今回取り上げる「チャンス」のテーマのカードは以下の6枚のです。

恋人(正位置) / 運命の輪(正位置) / 星(正位置) / 審判(正位置) / カップのナイト(正位置) / ワンドのペイジ(正位置)

早速それぞれの「チャンス」を解説してみます。

恋人(正位置)のカードの意味するチャンス

恋人のカードの大きな意味の1つに「選択」があります。そして、その選択は直感に頼るものになります。
何かを選ぶ際には直感にしたがうと良いという意味合いです。

なぜそうなのか理由が見つからなくとも、選択あるいは決定したことを変えないことが大切です。
くじを引くと大当たりしたりするような形のチャンスを表しており、このカードが現れた時のチャンスは、思考はあまりあてになりません。

あれこれ悩むより、思い立ったら行動することでチャンスが舞い込みます。

運命の輪(正位置)のカードの意味するチャンス

運命の輪のアルカナが現れた場合、あなたが運命を選ぶのではありません。運命の流れがあなたを乗せて運んでいく、流されていけば良い結果になる、という意味合いのカードです。

なんとなく運気が良い、いい気分がする、という状況を表しています。

このアルカナは確実な可能性があることを意味していますが、その可能性は予感はするもののどういったものなのか全く見当がつきません。
先ほどの恋人のカードに似たところがありますが、何か見えない力に後押しされているような力強いチャンスを意味するのが運命の輪のカードです。

星(正位置)のカードの意味するチャンス

星のアルカナは「希望の光」を意味しています。
これは、秘められていた可能性の開花を意味しており、恋人のカードや運命の輪のカードには偶発的な様相がありますが、星のカードにはそのような要素はありません。

チャンスは自分で掴み取るもの、という意味合いが強く、努力が必要になってきます。

「なんとなくラッキー」ではなく、そのチャンスには裏付けがあるのがこの星のカードの意味するチャンスです。

審判(正位置)のカードの意味するチャンス

審判のカードは、一度葬られた可能性が復活するというかたちで幸運が訪れることを意味しています。
何がきっかけで復活するかはわかりません。

投げ出したことや、中断していたこと、長い間努力したにもかかわらずまだ芽が出ていないことなどの復活(良い結果として現れる)が考えられます。

このアルカナは精神性の強いカードなので、ただ単に現状を見る目がガラリと変わるだけということも考えられます。
恋愛でいうなら、これまですぐそばにいたのに少しも意識しなかった人に突然恋をする、という場合がこれに相当します。

カップのナイト(正位置)のカードの意味するチャンス

カップのナイトの意味するチャンスは、あなたの力が及ぶチャンスというよりは、周りの力によって作り上げられるチャンスという意味合いが強くなります。

誰かがあなたにした提案を受け入れることでそれが成功につながったり、何かラッキーな申し出をされるなどが考えられます。

恋愛関連の占いだと、好意を抱いている人からの告白やお付き合いしている人からのプロポーズなどがそれに当たります。
自分でどうにかできるものではなく、相手の提案や周りの環境が自分にとってチャンスに繋がるのがカップのナイトの意味するチャンスです。

ワンドのペイジ(正位置)のカードの意味するチャンス

ワンドのペイジが意味するチャンスは、カップのナイトの意味するチャンスに似ています。

周りからの影響が自分にとってチャンスになる、という意味合いが強くなります。
そのチャンスはスピードはありませんが、確実に進んでいくことができる忍耐強さも兼ね備えた持久力のあるものになります。

チャンスの意味を持つカードの意味を掘り下げてみて

今回はチャンスの意味合いの強いカードを掘り下げてまとめてみました。
チャンスにも外的要因によるものと、自分の努力が必要なものがあることがわかりました。

成功の意味をもつカードと照らし合わせて考えてみると、とにかくいいようにするから波に乗っておけ、というところは「カップの9」と「運命の輪」の印象が似ている気がしました。

そして、分類しながらカードの意味を学んでいくのはこれまで曖昧だった部分が明確になりとても勉強になっていて、今後のリーディングに役立てていければ良いなと思っています。

(Visited 78 times, 1 visits today)
               



この記事を書いた人

ななつき

見習いのななつきです。
2011年からタロットカードを学び、練習しています。
のんびり勉強中ですので、まだまだ知らないことの方が多いのですが、マイペースに学びたいと思っています。
数年前から休み休みですがブログや掲示板で無料占いの依頼を受けながら勉強しています。
こちらでも練習を兼ねた公開鑑定を受け付けておりますので、興味のある方は是非ご依頼ください。

公開鑑定(無料)を依頼する

おすすめの記事